アシナガバチ駆除や南京虫駆除で市民生活を守る方法

他の生物との共存

アシナガバチの生態を知る事が大切です

日本に限らず世界各国の寒冷地帯ではない国々で、森林が生い茂り多種多様な生物が生き易い、生殖を行い子孫を残し易い環境では害獣問題や害虫問題が多発化する事が多々あります。 日本でも沖縄ではゴキブリが大発生し易いのに北海道などではゴキブリは生活できない、と言う様に分かり易い身近な一例も存在します。 そして日本では蜂という生き物が猛威を古い、毎年大怪我をしたり不幸のあったりする人々が出てくる事件が多発しています。 それは日本産で世界的に危険な生物と言われているスズメバチなどの生物が居る為でもあると言えます。 ですが、スズメバチだけに限らず蜂とは危険な生物で、スズメバチ以外にも危険な蜂が居ます。 アシナガバチという蜂です。 これは、アシナガバチがアナフィラキシーショックという毒発生を起こす毒針を持ち合わせているからだと言われています。 そして日本ではスズメバチと並んで毎年の風物詩の如く、アシナガバチ駆除に駆け回る何でも屋や清掃業者や、時には地方市役所が動きざるを得ないパターンなどすら起こりえる事でもあります。 ではアシナガバチ駆除の駆除とはどの様な形が望ましいのかと言うと、時期が特に重要であると言われています。

相談件数が増えるのは秋頃ですが問題はそれより前に起きています

アシナガバチ駆除の相談や依頼が多発するのは、日本では夏の終わりの秋頃、8月から10月の辺りにかけて一気に増える傾向があります。 そしてその相談者の家とは、意外にも一軒家やアパートとかと関係が無く多発する傾向もあります。 そしてこの時期に起きる相談とは、アシナガバチ駆除の駆除が難しい段階に入っている、つまりはアシナガバチの巣が成熟し切っている段階での相談である事が多々あります。 アシナガバチとは、春頃に巣を作ろうと決めた場所に侵入し、屋内の屋根裏や空いた穴の裏側などに女王蜂がどんどん巣を作り拡大し、そして子孫を残していきます。 そしてこの秋頃になってしまうと、子孫達が大人蜂になっていて非常に危険で攻撃的な状態になっているので、相談件数が増える訳です。 これを未然に防ぐには、常に自宅の屋根裏や空いた穴がありそう、またはツバメの巣が出来る様な日当たりの良い様な場所を注意して監視し、殺虫蒸気発露剤などを毎年定期的にセットして虫を蜂もろとも駆除し、細かく屋根裏などを調べて掃除していくなどの事が重要です。 もし手遅れである場合には専門の業者を呼ぶ事が大切です。

メニュー

Copyright© 2015 アシナガバチ駆除や南京虫駆除で市民生活を守る方法All Rights Reserved.